Advertisement
SciresM

[JP]Fire Emblem Heroes 02-27-17 update "Strongest" messages.

Feb 27th, 2017
518
Never
Not a member of Pastebin yet? Sign Up, it unlocks many cool features!
text 4.27 KB | None
  1. MID_ELTSHAN_STRONGEST: この地に呼ばれ、君と出会った時…\n奇妙なことだが、\n啓示のようなものがあった。$k$pこの世界において、\n俺が忠誠を尽くす主君は\n君だ…という啓示だ。$k$p騎士は、主君がいかなる人物であろうと\n絶対の忠誠を尽くすもの…\nゆえにその生き方に不満などなかった。$k$pだが、こうして君と長い間共にいて…\n我が剣を捧げる相手が\n君であったことを心から感謝している。$k$p騎士は主君を選べぬ。\nだからこそ、君のような主君と\n巡り合えたことをうれしく思う。$k$p我が剣、我が忠誠は\n君のためにある。\nここに改めて、誓おう。
  2.  
  3. MID_KLEIN_STRONGEST: ぼくは貴族の家に生まれたおかげで、\n色々な人物と接する機会があった。\nだから、人を見る目はあるつもりだよ。$k$pどんなに弁舌たくましくても、\nいざ危機に陥れば\nさっさと逃げてしまう人もいれば…$k$p言葉では何一つ語らなくても、\n幼いぼくを助けるために、\n命がけで戦ってくれた人もいる…$k$pだから、わかるつもりだよ。\nきみは信用できる。\n心から信じられる仲間だ。$k$p今までありがとう。\nこれからも、ぼくのすべてをかけて\nきみのために戦うと約束するよ。
  4.  
  5. MID_OLWEN_STRONGEST: 私の兄はとても立派な人物で…\nいつも私を助け、導いてくれました。\n兄がいてくれれば私は安心できました。$k$pでも、ある時、私はその兄の庇護から出て、\n自分の生き方を\n自分で決めることを決意したのです。$k$pそれは、すべてを自分で背負うということ。\nその重さに押し潰されそうに\nなった時もありましたが…$k$pあなたと共にいて、わかったのです。\nあなたもまた時に迷い、悩み、\nそれでも自分の答えを出しておられる…$k$pそのことにとても勇気づけられました。\nこれからも、あなたと同じ道を\n歩めることを…とても光栄に思います。\n
  6.  
  7. MID_RACKESIS_STRONGEST: かつていた世界で…\n私は兄を亡くしたわ。\n兄上は、騎士の忠誠に殉じたの。$k$p私があれほどお止めしたのに…\nあの時のことを思い出すと、\n身が引き裂かれそう…$k$pでも、エルト兄様は…\n私が敬愛する兄上だからこそ…\nああいう生き方しか選べなかった…$k$p兄上には遠く及ばないけれど、\nあなたも、ここにいる皆の思いを\n背負って戦っているわ。$k$pどうか、無理だけはしないで。\n辛い戦いなら、私も連れて行って。\nまた、悲しい思いをしたくないから…\n
  8.  
  9. MID_REINHARDT_STRONGEST: 幼い頃…\n私の妹のオルエンは、\nいつも私の後ろをついてきていました。$k$p私はそんな妹を助け導くこと…\n妹のために手を尽くすことが、\n兄としてあるべき姿だと思っていました。$k$pしかし、それは\n相手を思いやる優しさのようでいて…\nその実、相手のためにはなっていなかった。$k$p私が導くのではなく…\nお互いに尊敬し、高め合う存在、\nそれこそが理想といえるのでしょう。$k$pそれはあなたから教わったことです。\n私は妹とも、そしてあなたとも…\nそのような関係でありたいと思っています。
  10.  
  11. MID_SANAKI_STRONGEST: うむ、わたしは十分に成長したようじゃな。\n…背の高さはさして変わらぬようじゃが…\nう、うるさいっ、気にしてなどおらぬ。$k$pまったく、そなたは恐れを知らぬな。\nそのように気安くわたしに接することなど、\n本来なら許されぬのじゃぞ。$k$pわたしはベグニオン帝国皇帝…\n民とは違う、特別な存在じゃ。\n童女のような未熟は許されぬ。$k$pじゃが、そなたと共におると…\nそのことを忘れてしまいそうになる…\n…時には、それも良いのかもしれぬな…$k$pし、しかし、子ども扱いはするでないぞ。\nわたしはベグニオン帝国皇帝、\nゆめゆめ忘れぬようにするのじゃ。
Advertisement
RAW Paste Data Copied
Advertisement