SHARE
TWEET

SCL23パーティションバックアップ方法

scoty755 Jun 16th, 2014 669 Never
Not a member of Pastebin yet? Sign Up, it unlocks many cool features!
  1. 【Galaxy S5 SCL23のパーティションバックアップ方法】
  2. SCL23のパーティションをバックアップする方法です。(SC-04Fも同様なはずです)
  3. towelroot等を使用してroot化されている事を前提として書いています。
  4. なお、towelrootを使用してroot化した場合はsystem領域のxbin内にdaemonsuやsu等のバイナリが配置され、純正の状態ではなくなっているのでご注意ください。
  5.  
  6. adb shellでシェルを起動。
  7. C:\Users>adb shell
  8.  
  9. suとコマンドを打ち管理者権限を得ます。
  10. shell@SCL23:/ $su
  11.  
  12. $のマークが#になれば管理者の状態です。
  13. root@SCL23:/ #
  14.  
  15. mkdirで/sdcard内にbackup_SCL23_KDU1BNE4という名前のフォルダを作成します(バックアップしたファイルはこの中に保存されます)。
  16. ※"KDU1BNE4"の部分はベースバンドバージョンを表していますので、ご自身の端末のバージョンを確認された上で適宜変更してください。
  17. root@SCL23:/ #mkdir /sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4
  18.  
  19. パーティションの構造を調べる
  20. root@SCL23:/ #cd /dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name
  21. root@SCL23:/ #ls -l
  22.  
  23. これ以降は以下のコマンドを打ってバックアップしてください("KDU1BNE4"の部分は適宜変更してください)。内部ストレージに出来るだけ空き容量を確保しておいてください。
  24. mmcblk0p26はインストールしたアプリ等が保存されている領域ですのでバックアップはしなくても大丈夫だと思います。
  25.  
  26. dd if=/dev/block/mmcblk0p1 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p1_apnhlos bs=4096
  27. dd if=/dev/block/mmcblk0p2 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p2_modem bs=4096
  28. dd if=/dev/block/mmcblk0p3 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p3_sbl1 bs=4096
  29. dd if=/dev/block/mmcblk0p4 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p4_dbi bs=4096
  30. dd if=/dev/block/mmcblk0p5 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p5_ddr bs=4096
  31. dd if=/dev/block/mmcblk0p6 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p6_aboot bs=4096
  32. dd if=/dev/block/mmcblk0p7 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p7_rpm bs=4096
  33. dd if=/dev/block/mmcblk0p8 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p8_tz bs=4096
  34. dd if=/dev/block/mmcblk0p9 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p9_fsg bs=4096
  35. dd if=/dev/block/mmcblk0p10 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p10_pad bs=4096
  36. dd if=/dev/block/mmcblk0p11 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p11_param bs=4096
  37. dd if=/dev/block/mmcblk0p12 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p12_efs bs=4096
  38. dd if=/dev/block/mmcblk0p13 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p13_modemst1 bs=4096
  39. dd if=/dev/block/mmcblk0p14 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p14_modemst2 bs=4096
  40. dd if=/dev/block/mmcblk0p15 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p15_boot bs=4096
  41. dd if=/dev/block/mmcblk0p16 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p16_recovery bs=4096
  42. dd if=/dev/block/mmcblk0p17 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p17_fota bs=4096
  43. dd if=/dev/block/mmcblk0p18 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p18_backup bs=4096
  44. dd if=/dev/block/mmcblk0p19 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p19_fsc bs=4096
  45. dd if=/dev/block/mmcblk0p20 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p20_ssd bs=4096
  46. dd if=/dev/block/mmcblk0p21 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p21_persist bs=4096
  47. dd if=/dev/block/mmcblk0p22 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p22_persdata bs=4096
  48. dd if=/dev/block/mmcblk0p23 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p23_system bs=4096
  49. dd if=/dev/block/mmcblk0p24 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p24_cache bs=4096
  50. dd if=/dev/block/mmcblk0p25 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p25_hidden bs=4096
  51. dd if=/dev/block/mmcblk0p26 of=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p26_userdata bs=4096
  52.  
  53. バックアップしたファイルはifとofを入れ替えたコマンドで書き戻す事が可能です。
  54. 例:mmcblk0p23(system)の場合
  55. dd if=/sdcard/backup_SCL23_KDU1BNE4/mmcblk0p23_system of=/dev/block/mmcblk0p23 bs=4096
  56. mmcblk0p6(aboot)等は書き換えを行うと文鎮になる可能性もありますので、やらない事をお勧めします。
  57. また、アップデートをする等してバックアップした際のベースバンドバージョンと異なっている端末にバックアップを書き戻す事も文鎮になる可能性がありますので絶対にやらないでください。
RAW Paste Data
We use cookies for various purposes including analytics. By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. OK, I Understand
 
Top