SHARE
TWEET

Suterareta Yuusha no Eiyuutan (2-14, 25%)

Draugexa Jan 10th, 2015 (edited) 6,818 Never
Not a member of Pastebin yet? Sign Up, it unlocks many cool features!
  1. Story 2-14 『Someone Loved, Someone Unloved, Someone Who Loves』
  2.  
  3. I smiled fearlessly so that Fantra would not see me shaking from his sudden declaration of war.
  4.  
  5. “…… Oi oi. Being that cruel from the start. Let’s get along.” (Daichi)
  6.  
  7. “Saying something like that is an amusing joke, Hero. Did you really think that? With your abilities, you aren’t worth serving.” (Fantra)
  8.  
  9. “Even without fighting, you say something like that.” (Daichi)
  10.  
  11. “It’s fine to say. Well, I’ve seen all of your fights.” (Fantra)
  12.  
  13. Fantra picked up the crystal that was laying horizontally in a cup next to the throne, showing it to us.
  14.  
  15. “Do you all know why the dungeon was lined with this crystal?” (Fantra)
  16.  
  17. “…… To drive us mad?” (Daichi)
  18.  
  19. “Nonsense. Its purpose is to observe adventurers. I slowly give the crystal some of my magic. And, everything infused with my magic becomes my eyes, my hands, and my feet. It becomes my servant.” (Fantra)
  20.  
  21. Fantra continued talking proudly.
  22.  
  23. “Because of that I was able to receive and appreciate your fights on each floor. Though Leadred being here surprised me….. Your battles were beautifully unintelligent.” (Fantra)
  24.  
  25. Fantra jeered at us. He scornfully laughed with a *Foon* sound.
  26.  
  27. If I got mad I would fight and die like an idiot. I was getting annoyed.
  28.  
  29. “Beauty has nothing to do with fighting though?” (Daichi)
  30.  
  31. “It does. Though possible, a person that possesses a surplus of ability can’t just go to defeat his enemy and kill them.  Something like tying with you would be out of the question. I have plans for every situation to some extent, you see.” (Fantra)
  32.  
  33. Finishing with all he wanted to say, Fantra stood up at last.
  34.  
  35. “Therefore, I will teach you. The viewpoint of a person of war.” (Fantra)
  36.  
  37. He thrust his right hand out. What kind of attack will he begin with, we begin taking this into consideration and prepare for the various possibilities.
  38.  
  39. “Bloom----Ice Flower” (Fantra)
  40.  
  41. He snapped his fingers. The crystals at his feet cracked and from the fissures a flower that wore an air of absolute zero bloomed. It stole the heat.
  42.  
  43. """"Fireball! """" (Daichi, Tamaki, Shuri, Leadred)
  44.  
  45. All four judged that the situation was dangerous and shot a fireball at their own feet, slightly escaping the restraints.
  46.  
  47. Though we’d probably be burned, it was much more preferable to being imprisoned in ice.
  48.  
  49. “You judged the situation and used Fire magic without hesitation. To the extent that you would injure yourselves, I would have expected the fear of pain to stop you from doing so.” (Fantra)
  50.  
  51. “This way is better than dying.” (Daichi)
  52.  
  53. “Foolish. You will die without pain encased in ice.” (Fantra)
  54.  
  55. “Sorry, but this isn’t that place I’m scheduled to die!” (Daichi)
  56.  
  57. I severed my feet with a swing of my sword and kicked off the ground keeping a low profile. Fantra dodged by jumping. However, Leadred had broken into a run with me. Her longsword swung full speed at Fantra to reap his consciousness.
  58.  
  59. His eyes were fixed on my slashing attack. Leadred was in his blind spot.
  60.  
  61. The attack is unavoidable!
  62.  
  63. “《Multi-Gardener》” (Fantra) [TN: Kanji for Multiple Layers of Ice]
  64.  
  65. Countering my expectations, the shield of ice prevented Leadred’s surprise attack. Fantra was superior in this exchange and never broke his composure.
  66.  
  67. However, we are not two people. We are four.
  68.  
  69. Tamaki who had been hiding behind Leadred and Shuri who took a long path around when Fantra jumped to dodge each invoked magic.
  70.  
  71. “《Freezing Lance》!” (Tamaki)
  72.  
  73. “《Cyclone》!” (Shuri)
  74.  
  75. The speed, as well as power I have nothing to complain about. Both of the girls displayed an equally perfect performance.
  76.  
  77. However, neither reached him.
  78.  
  79. “Therefore, because of your skillful display! 《Ice Stream》” (Fantra)
  80.  
  81. *Snap, Snap*
  82.  
  83. Their magic was flung away and smashed into the crystals in another direction, a large amount of ice began to overflow and swallow their magic.
  84.  
  85. It followed the magic back to them freezing everything along the way.
  86.  
  87. “Shuri!” (Daichi)
  88.  
  89. I jumped at her and we both rolled horizontally over the floor to escape.
  90.  
  91. Around the same time an explosive sound echoed through the air. Though slightly obscured by steam, there was the form of a demon fighting back with balls of flame.
  92.  
  93. Exposing the ice to high temperatures, it sublimated.
  94.  
  95. Skillfully overdoing it, Leadred landed near us.
  96.  
  97. “Are there no injuries?” (Leadred)
  98.  
  99. “Light scratches. Nothing that would be an obstacle in combat. Apart from that I need you to listen…. Shuri and Tamaki, I want you to destroy the crystal. During that time, Leadred and I will distract that creepy guy.” (Daichi)
  100.  
  101. Realizing the importance the crystal’s offense and defense was to the fight the two immediately took action.
  102.  
  103. So, Leadred and I did the same.
  104.  
  105. “Though it’ll be hard for Leadred, bare this burden.” (Daichi) [TN: Can’t figure out. Halp.「リードレッドには悪いけど、俺と外れ役を担ってもらうぞ」]
  106.  
  107. “Don’t worry. Besides, I’ve wanted to fight him. This is just a good chance.” (Leadred)
  108.  
  109. She was indeed having fun and laughing vibrantly. This fellow really does enjoy fighting.
  110.  
  111. “I appreciate you saying that.” (Daichi)
  112.  
  113. Informing her of my gratitude, I face back forward. As usual, Fantra displayed a sad face, sighing.
  114.  
  115. “Are you foolish? Saying that? The crystal is also my eyes. Even if you start a diversified attack, I can see through it.” (Fantra)
  116.  
  117. “There’s no reason to believe what you are saying.” (Daichi)
  118.  
  119. “Though, with this will you understand? After all this crystal is also a part of my body.” (Fantra)
  120.  
  121. “Fortunately, if this crystal disappears your war potential will also lower drastically.” (Daichi)
  122.  
  123. “I see, and those girls are to concentrate only on breaking the crystal?” (Fantra)
  124.  
  125. He threw a sidelong glance at Shuri’s group.
  126.  
  127. Of course, I have no reason to let him to go over there.
  128.  
  129. Leadred shot an《Ogre Flame》. Fantra threw a ball of ice in response.
  130.  
  131. “Your opponents are us you know?” (Daichi)
  132.  
  133. “Leadred……. Why a woman like you would fall and group with a hero, it is a mystery. Though it would be unexpected….. Were you defeated?” (Fantra)
  134.  
  135. “Ah. Your beloved strategies will be defeated. The hero’s cooperation exceeded my expectations…… Hey, Fantra. I believe this existence will become one that will guide us. How about it? Can’t we group together?” (Leadred)
  136.  
  137. “You are well aware of my character, Leadred. Either he loses or defeats me and gains everything." (Fantra)
  138.  
  139. 「……まぁ、予想通りの返答だな。じゃあ、いっちょやろうか」
  140.  
  141.  リードレッドは柄の唾止めの下と柄頭で握りしめ刀と地が垂直になるように右上段に構える。腰は軽く落とし、右足のかかとを少し浮かせた。
  142.  
  143.  俺もその先端の延長線が奴の喉元と交わる位置に剣を置いた。
  144.  
  145.  奴も応じるように氷の剣を作り出すと、さながら王宮の剣士のように体は右腕、右足を前に出して半身の体勢を取る。フェンシングに似た構えだ。
  146.  
  147. 「「「………………」」」
  148.  
  149.  正面から対峙する。静寂が空間を支配する。最初に静けさの水面に揺らぎをもたらしたのは――。
  150.  
  151. 「|疾《し》っ!」
  152.  
  153.  ――リードレッドだった。
  154.  
  155.  振り下ろされる大太刀から放たれた衝撃波がフォントラを後退らせた。体勢を立て直す隙を与えないように持ち手を逆手に握り直して切り上げる。
  156.  
  157.  赤い直線にフォントラの体は乗っていた。
  158.  
  159. 「|線上斬り《ライン・ドライブ》!」
  160.  
  161. 「|多重氷壁《マルチ・ブローカー》!」
  162.  
  163.  粉々に破砕される氷の壁。飛び散る破片に気を付けながら俺は前に踏み込んだ。
  164.  
  165.  一歩で空いていた距離を詰め、突き。フォントラはしゃがんで足払いをかけてくる。
  166.  
  167.  俺はそれにやられて倒れる演技をして剣を縦に突き刺した。フォントラはそれを受け入れる。
  168.  
  169. 「よ……うおっ!?」
  170.  
  171.  攻撃が決まったことにより微かに緊張が緩んでしまった俺は巴投げをされる。空中で一回りし、足からの着地に成功するが投擲された氷のナイフが眼前にまで及んでいた。
  172.  
  173. 「くっ!  飛風刃!」
  174.  
  175.  首を横に倒して頬を軽く切られる程度に抑えた俺はがむしゃらに風の刃を飛ばした。
  176.  
  177. 「オラァ!!」
  178.  
  179. 「ふんっ!」
  180.  
  181.  リードレッドとの挟み撃ち。フォントラは剣で彼女の太刀を受け止めると指をこすりあわせて鳴らす。氷壁が出現し、飛風刃は弾かれた。
  182.  
  183. 「無詠唱なんて聞いてねぇぞっ!」
  184.  
  185. 「|凍冷剣《フリーズ・ソード》!」
  186.  
  187.  追随して下からの切り上げ。奴は空いていた片手にもう一本の氷剣を創造して防ぐ。
  188.  
  189.  剣と剣が触れた瞬間、パキッと嫌な音がした。俺の剣が氷に侵食されたのだ。
  190.  
  191. 「せいやっ!」
  192.  
  193.  フォントラは独楽のように回転しながら飛び上がる。遠心力が加わった氷剣を受け流してカウンターを入れようとしたが、中腹部を叩かれて折られた。
  194.  
  195.  一矢報いてやろうと折れた剣の|持手 《もって》を投げつける。不発だった。
  196.  
  197.  リードレッドはバク転を繰り返して、俺はバックステップで一旦距離を取った。
  198.  
  199. 「ちっ……相変わらず嫌な戦い方しやがる……」
  200.  
  201. 「ああ……。それにちょっと体のデキが違いすぎだろ」
  202.  
  203.  俺は肩を大きく揺らして呼吸しているし、リードレッドでさえ額に汗をかいている。
  204.  
  205.  なのに、フォントラは全く息が上がっていない。汗一粒も見当たらないし、あのうすら寒い笑みを貼り付けている。それ以上に問題なのは……。
  206.  
  207. 「傷から血が流れていないって何事だよ……」
  208.  
  209.  俺が刺した箇所に穴は空いている。だけど、そこから出ているはずの赤い液体がないのだ。
  210.  
  211.  こういうとこも含めてアンデットってわけか……。
  212.  
  213. 「う~ん、まだまだだね。リードレッドは屋内だから全力をだせないとしても、勇者は彼女と協力してもボクに傷を一つしか与えられないなんて……がっかりとしか言いようがないね」
  214.  
  215.  唯一の傷もたった今、水晶からの光で無かったことにされた。
  216.  
  217. 「もう少し状況を把握して動いたらどうだい?」
  218.  
  219. 「お前のテリトリーでお前が罠を張り巡らせている中で気を張りまくってるよ」
  220.  
  221.  現に水晶を消費させることは出来た。俺たちの周辺ではほとんど残っていない。
  222.  
  223.  部屋全体でも朱里たちの頑張りもあり半分以上、減少しているはずだ。
  224.  
  225.  あの無詠唱の仕組みはわからないが、魔法の|起《おこり》を読むのは難しいが不可能じゃない。
  226.  
  227.  長引けば長引くほど、奴は不利になる。戦況は傾きつつある。
  228.  
  229.  この四人がいれば十分に戦える。殺れる。
  230.  
  231.  大きく息を吸い込んで、吐きだした。
  232.  
  233.  これからが本番だ。
  234.  
  235. 「今からお前を倒して奴隷にしてやるから覚悟しておけ」
  236.  
  237.  俺はそう言って、もう一度集中力を高める。水晶が生きていない場所に位置とった。
  238.  
  239.  現状下では万全の状態だ。
  240.  
  241.  ――なのに、フォントラはそんな俺たちを見て、高笑いをあげたのだ。
  242.  
  243. 「ボクを奴隷にする?  無理だよ!  だって、君はまだわかっていない!」
  244.  
  245.  パチンッ!
  246.  
  247.  フォントラの指を弾く音がやけに耳に残った。
  248.  
  249. 「――いつから未使用の水晶からしか魔法が発動出来ないとボクは言った?」
  250.  
  251.  その言葉の意味を理解したのは胸に氷の槍が突き刺さったのを認識したのとほぼ同時だった。
  252.  
  253. 「…………ごほっ!?」
  254.  
  255.  口に込み上げた血を吐き散らす。崩れ落ちそうになるのを耐えて、片膝をつくに留まった。
  256.  
  257.  だが、これはヤバい。何度も経験しているからわかる。死に至る痛みだ。
  258.  
  259.  頭が壊れそうになる激痛。傷口から血は流れない。槍から発せられる冷気が凍らせ始めているからだ。
  260.  
  261. 「……ぁああっ!」
  262.  
  263.  襲いかかる苦痛を無視して歯を食いしばりながら無理矢理、氷槍を引っこ抜く。傷口がすでに凍りついていたのが不幸中の幸いで、さほど痛みはなかった。
  264.  
  265.  胸にぽっかりと穴が出来ていた。
  266.  
  267. 「勇者さ――ぐっ!?」
  268.  
  269.  リードレッドがこちらに来ようとするが床から飛び出した氷の鎖に足を絡めとられると勢いを殺しきれずに転んでしまう。そのまま鎖が彼女をがんじ絡めにし、動けないようにした。
  270.  
  271. 「くそっ、こんな氷なんか!  鬼」
  272.  
  273. 「|氷風《フリーズ》」
  274.  
  275. 「――――!?」
  276.  
  277.  魔法を詠唱できないようにリードレッドは口元を凍らされる。
  278.  
  279. 「リードレッド。少しだけじっとしておいてくれ。ボクも同士を殺すつもりはない。……さて」
  280.  
  281.  甲高い靴の音を鳴らして、フォントラは俺に近づく。いきなり顔面を蹴りあげられた。
  282.  
  283. 「あがっ……!」
  284.  
  285. 「ボクは君が許せないんだよ、勇者」
  286.  
  287.  髪を引っ張られると次は殴りつけられた。何度も何度も繰り返される。
  288.  
  289.  鼻が折れた。歯が折れた。頬が陥没した。連続して更新される痛みに感覚を失う。辛うじて右目だけが生きている。
  290.  
  291.  フォントラの顔が嗜虐に歪んでいるのがわかった。この顔はまるで鮫島のようだ。人をいたぶって楽しむ愉快犯。
  292.  
  293. 「……俺が弱い……ことを、か?」
  294.  
  295. 「それもある。しかし、最も許せないのはお前が……ミーシア様に見初められたことだ!」
  296.  
  297.  また怒りがたぎってきたのか俺を放り投げると傷口を踏みつけてきた。
  298.  
  299. 「うぁぁぁぁぁぁぁ!?」
  300.  
  301.  傷口を塞いでいた氷が割れて、再び痛みがぶり返す。俺の悲鳴を聞いても奴の怒りは一向に収まらない。
  302.  
  303. 「こんな程度の力でミーシア様の寵愛を受けるなんて、人間の分際で偉大なる我らが女神様の寵愛を受けるなんて許せない!」
  304.  
  305.  痛い。止めろ。止めろよ……!
  306.  
  307. 「奪ったんだ、君は!  ボクがずっと想い続け愛を伝えてきた彼女の心をね!」
  308.  
  309.  知るか。俺に力をくれたのはクラリアだ。魔の女神じゃねぇ。
  310.  
  311. 「だから、ここで君を倒してボクが君より強いことを証明するんだ!  そしたら、彼女も気づく!
  312.  ボクに勝つことも出来ない君に幻滅して、ボクを愛してくれる!!」
  313.  
  314.  返す言葉も気力もない。いっそのこと早く殺せ。そしたら、強化してお前を殺してやるから。
  315.  
  316.  俺を踏んでひとしきり満足したのか、フォントラは息を荒くしたまま足を退けた。
  317.  
  318. 「安心したらいい。お前にもボクと同じ想いを味わせてから最後に始末するから」
  319.  
  320.  その発言に嫌な予感がした。それは現実となる。
  321.  
  322. 「まずは、あっちにいる君の大事な、大事な少女を殺してからだ!」
  323.  
  324.  フォントラは目線を俺から外して俺の血で赤くなった手を朱里に向けた。
  325.  
  326. 「お前……よくも桂木君を!!」
  327.  
  328.  彼女は両手を重ねて、前に突き出す。
  329.  
  330. 「あ、ダメ!  朱里ちゃん!」
  331.  
  332. 「ほぅ……ボクに魔法で勝負を挑むつもりか。面白い」
  333.  
  334.  激昂していた彼女は冷静さを失い、自身を押さえていた玉城を振り払って、魔法を唱え始める。それはいつ覚えたのか知らない、俺の得意とする魔法だった。
  335.  
  336. 「風の帝よ。 汝、我が王道を妨げる者を切り刻め」
  337.  
  338. 「氷の帝よ。汝、我が王道を妨げる者を凍てつかせ」
  339.  
  340.  止めろ、朱里。逃げろ。真正面から迎え撃つな、逃げろ。今のお前じゃ勝てない。
  341.  
  342.  だが、絶対命令も使えない。彼女に俺の意思は届かない。
  343.  
  344. 「嵐吹く王者の覇道、ここに成す。 全てを塵に、地に還さん」
  345.  
  346. 「永遠の眠りを与えよ。苦痛も、恐怖も奪い取れ。ただ安らかなる|永久《とわ》の夢を」
  347.  
  348.  動け。動けよ。残っている力をかき集める。少しでも動けばいい。だから、動け。言うことを聞いてくれ。
  349.  
  350. 「|虐殺の嵐《バーサク・テンペスト》!!」
  351.  
  352. 「|氷獄牢獄《ブリザード・プリズン》!!」
  353.  
  354.  ほぼ同時に顕現した風系と氷系の帝級魔法が衝突し、責め合う。
  355.  
  356.  同じ階級の魔法がぶつかり合う時、何が勝敗を決するのか。
  357.  
  358.  答えは簡単。地力だ。
  359.  
  360. 「くっ!」
  361.  
  362.  その法則に従い、朱里は押されていく。このままでは彼女はあの氷の餌食となってしまうだろう。
  363.  
  364.  そんなことはさせはしない。
  365.  
  366. 「ウイン、ドォォ!!」
  367.  
  368.  やっと紡げた言葉が引き金になり、風が噴出して倒れないように体を支える。それに乗ってスピードを上げ、彼女の元へと向かう。
  369.  
  370.  だけど、このままじゃ間に合わない。
  371.  
  372.  朱里がやられてしまう。
  373.  
  374.  さらに、|天風《ウインド》を追加発動する。
  375.  
  376.  間に合え、間に合え、間に合え!
  377.  
  378.  焦る気持ち。魔法の発動のほんの数秒が何分にも何時間にも感じる。
  379.  
  380.  どんどん劣勢になる朱里。
  381.  
  382.  ――この時、俺は失念していた。
  383.  
  384. 「朱里ちゃん!!」
  385.  
  386.  もう一人、彼女のことを大切に思っている少女がいることに。
  387.  
  388.  玉城に押し飛ばされた朱里の体がブレた。
  389.  
  390.  彼女のいた位置には玉城がいる。
  391.  
  392.  朱里は奴の魔法の範囲から外れた。これで朱里の無事は保証された。
  393.  
  394.  もう俺があそこに行く必要はない。
  395.  
  396.  ………………だけど。
  397.  
  398. 「|退《ど》け」
  399.  
  400. 「きゃっ」
  401.  
  402.  俺は魔法を解除せず、玉城を朱里と反対側に突き飛ばした。
  403.  
  404. 「か、桂木……!?」
  405.  
  406.  信じられないといった目で俺を見上げる玉城。
  407.  
  408. 「勘違いすんな。朱里を助けるのは俺の役目なんだよ」
  409.  
  410.  言いたいことが言えて、満足する。
  411.  
  412.  奴の魔法が降り注ぐ。
  413.  
  414. 「|三重氷層《トリプル・ガードナー》!」
  415.  
  416.  誰かの魔法を唱える声が聞こえて、俺の視界は真白に染まった。
  417.  
  418.  
  419.  
  420.  
  421.  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  422.  
  423.  
  424.  
  425.  
  426. 「退け」
  427.  
  428. 「きゃっ」
  429.  
  430.  朱里ちゃんを守ろうと私はがむしゃらに何も考えずに飛び出していた。
  431.  
  432.  朱里ちゃんを押して、私が魔法の餌食になっているはずだった。
  433.  
  434.  なのに、そこには桂木がいる。
  435.  
  436. 「か、桂木……!?」
  437.  
  438.  その男は私を一瞥すると、こう言ったのだ。
  439.  
  440. 「勘違いすんな。朱里を助けるのは俺の役目なんだよ」
  441.  
  442.  どうして助けに来たのか。どうして朱里ちゃんがこの男についていこうと思ったのか。
  443.  
  444.  垣間見えた瞬間だった。
  445.  
  446.  私は朱里ちゃんはこいつとのやり取りは無理強いされているのだと考えていた。いかにも桂木が好きそうなアニメによくありそうなシチュエーションだったし、朱里ちゃんがあんなに人に夢中になるなんて初めてだったから。
  447.  
  448.  でも、桂木は痛みを我慢して、胸に穴を開けられたって、ボロボロになってでも朱里ちゃんを守るためにやって来た。
  449.  
  450.  迷いなど見受けられなかった。
  451.  
  452.  自分の死も省みずに朱里ちゃんを助けに来たんだ。
  453.  
  454.  氷系魔法によって氷漬けにされると溶かされるか、壊されるまで痛みも感じない分、死ぬことも出来ない。
  455.  
  456.  つまり、桂木の能力も発揮されない。
  457.  
  458.  桂木はそれほど――朱里ちゃんを愛しているのだ。
  459.  
  460.  そう思うと、自然と口が動いていた。
  461.  
  462. 「|三重氷層《トリプル・ガードナー》!」
  463.  
  464.  精霊級魔法の氷の層を桂木の上半身に展開する。本当なら全身を守りたかったけど、私の魔法じゃ太刀打ちできないのはわかっている。だから、面積を収縮し強度を上げた。
  465.  
  466.  上さえ無事なら桂木は自害して『復讐の怨者』を発動できる。
  467.  
  468.  フォントラの魔法が桂木を覆い尽くす。私が三つの氷層を張った|箇所《・・》は無事だった。
  469.  
  470. 「桂木!」
  471.  
  472.  私は桂木に駆け寄る。下半身は悔しいことに凍らされている。
  473.  
  474. 「大丈夫、桂木!?」
  475.  
  476. 「……お前が俺を心配するなんて天変地異でも起こるな……」
  477.  
  478. 「う、五月蝿い!  ……私が悪かったわよ」
  479.  
  480.  桂木は面食らった表情をしていた。まるで珍獣を見たかのよう。
  481.  
  482. 「……マジでお前、頭でも打ったのか?」
  483.  
  484. 「そんな軽口叩いてる場合!?  それより今はあんたの治療が先でしょ!  こんなこと言うのは悪いけど、死ぬことはできる?」
  485.  
  486. 「いや、腕が凍らされた。無理だ」
  487.  
  488. 「じゃあ、私があんたを殺して」
  489.  
  490. 「上級奴隷は主を攻撃できない」
  491.  
  492. 「ああ!  もう!  なら、あんたのそのポーチ、探らせてもらうわよ!」
  493.  
  494.  私は桂木のポーチの中を漁る。ポーションが一本……ヤヌの葉が3枚に、地図。携帯用食糧……。
  495.  
  496.  ダメだ。氷状態を治すフレヤの実がない!
  497.  
  498.  こうして探している間にも桂木の氷化は進んでいた。
  499.  
  500. 「桂木!  あんた、他に何も持っていないの!?」
  501.  
  502. 「………………待て。これ……」
  503.  
  504. 「ちょっ、無視しないで……って!?」
  505.  
  506.  桂木は突如、私の両肩を掴んで顔を私の耳元に寄せる。そして、そのままボソボソと呟いた。
  507.  
  508. 「――っ!?」
  509.  
  510.  その衝撃の内容に私は驚きを隠せなかった。私は自分でもわかるくらいに慌てている。でも、確かにそれしか思いつく手はない。
  511.  
  512. 「し、朱里ちゃんに頼めば……」
  513.  
  514. 「そんな時間はないし、朱里としようとするならば奴が邪魔してくる可能性がある。それにこっちの方が朱里のためにも都合が良い」
  515.  
  516. 「で、でも、私も……その、初めてで……」
  517.  
  518. 「そんなこと言ってる場合か?」
  519.  
  520. 「ほ、本当にやるの?」
  521.  
  522. 「ああ」
  523.  
  524.  桂木はやる気だった。私もわかっている。これは必要なことなんだと。
  525.  
  526.  今からやろうとしていることの準備をさっさと整えた。
  527.  
  528. 「嫌なら、絶対命令でするぞ」
  529.  
  530. 「ち、違うもん!  せ、せめて、私のタイミングで……」
  531.  
  532. 「悪いが、そんな躊躇なことを言っている暇はない」
  533.  
  534. 「……わかった!  わかったから!」
  535.  
  536.  私は勢いに任せる形で桂木の唇に自分の唇を重ねた。あの桂木とは思えないほどに強引で、遠慮なく舌を絡ませて私の中を犯していく。
  537.  
  538.  こ、こいつは……!
  539.  
  540.  でも、不思議とそこまで嫌じゃないと思う自分がいたことが悔しかった。
  541.  
  542. 「ぷはっ……」
  543.  
  544.  長い口づけが終わり、私は解放される。
  545.  
  546. 「後は頼んだぞ。お前の朱里への友情に賭ける」
  547.  
  548.  友情。そんなもの、少なくとも桂木は高校に入ってからは作れたことはないはずだ。
  549.  
  550.  久しく本人も忘れているに違いない、彼にとって最も信用できない感情に自分の運命も、リードレッドさんの運命も、そして朱里ちゃんの運命も託した。
  551.  
  552.  ならば、それに応えないといけない。
  553.  
  554.  私が朱里ちゃんを親友として想う気持ちは誰にも負けたくないから。
  555.  
  556. 「任せなさい。私はあんたなんかより、100倍は朱里ちゃんを大切にしているんだから。必ず――勝ってみせる」
  557.  
  558.  私の自信溢れる宣言を聞いて、桂木は破顔する。
  559.  
  560.  そこで彼は氷の中で眠りについた。
RAW Paste Data
We use cookies for various purposes including analytics. By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. OK, I Understand
 
Top