G2A Many GEOs
SHARE
TWEET

Satoshi's Treasure: The Audubon Key (JA)

a guest May 19th, 2019 111 Never
Not a member of Pastebin yet? Sign Up, it unlocks many cool features!
  1. WATCH THE SKIES
  2.  
  3. あなたは小さな家ほどの広さの空き地で目を覚ました。周囲は濃密なジャングルだ。重く湿った空気に、呼吸するだけで溺れているような錯覚に陥る。あなたのポケットに入っているのは、耐水紙のノートと何本かのマッチ、あとは、毛玉だけ。ジャングルへ続く道は一本しかない。辺りからは、まるで古いシンセサイザーで鳥の歌をまねようとしたかのような音が、何度も何度も繰り返し聞こえてくる。
  4.  
  5. 道に沿って数分歩くと、2つめの空き地に出た。そこでは小さなツグミが1本の木にとまっている。その口は凍りついたように開き、さきほど聞いた歌を発し続けていた。爪に何かをつかんでいるようだ。よく見るとジグソーパズルのピースだった。パズルのピースを手に取り、さらに数分間鳥の歌を聞いた。そのさえずりとつぶやきは数字をエンコードしているようで、その音で大きくなっている(encoding a number, a big one by the sound of it.)。あなたはノートに番号を記入し(7C2BAC1D)、この空き地へと導いた道の反対側へ歩き出した。
  6.  
  7. ジャングルから開けた場所に出てきたと思ったその時、何らかの力で鳥のいた空き地に巻き戻されてしまったような錯覚に陥った。すべて先ほどの空き地と同じような光景だが、パズルのピースは鳥の爪に戻っており、歌は異なるパターンの音である。ポケットを探ってみると、最初のパズルのピースはまだそこにある。それで、新しい空き地に出てきたのだと分かった。あなたは新曲(今回のナンバーは1CC28A903のようだ)を書き留め、再び蒸し暑いジャングルの中へ歩き出す...。
  8.  
  9. 抜け出せたと思ったらまた同じ見た目の空き地へ。同じ青い鳥、違う歌、違うパズルピース。感じたデジャヴに少し気分が悪くなるが、そのピースを取って、数字(2AC30BE38)を書き留め、歩き出す。さらに進んだ先には、新しい数字(52726803C)と新しいパズルピースの別の空き地があった。
  10.  
  11. このジャングルが終わりのないループワールドのようなものであることに絶望し始めると同時に、あなたはこれまでより何百倍も大きい広大なオープンスペースに出てきた。周囲にはジャングルへの無数の通路があり、真ん中にはもう1羽の鳥がいる。パズルのピースを手に取り、無限リピートされる歌の数(BF1D1DF06)を書き留めたが、次に何をすべきか途方に暮れている。あなたには、それぞれの小道から同じような前兆が感じられる。それぞれから、異なるが、しかし似通っている鳥の声の旋律が聞こえてくる。空腹感の始まりを感じた気がした。ハンターの多くの旅がこの過酷な迷路の中で永遠に終わってしまったという確かな直感をあなたは得る。鳥の横に座り、頭を傾けて、千本の道から発せられる歌を注意深く聴く――歌の中に、正しい方向へ導くものがあるかもしれない。
  12.  
  13.  
  14. ※ https://satoshistreasure.xyz/7 を「みらい翻訳 お試し翻訳」で機械翻訳した後、文章を調整したものです。
RAW Paste Data
We use cookies for various purposes including analytics. By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. OK, I Understand
Top