SHARE
TWEET

Untitled

a guest Sep 16th, 2019 93 Never
Not a member of Pastebin yet? Sign Up, it unlocks many cool features!
  1. 「犯罪捜査における「科学的採証法」が、指紋採取や写真撮影程度であった時代は、なんと牧歌的であったことか。技術革新の大波は、刑事手続にも幾多の新しい武器をもたらした。ポリグラフ、麻酔分析法、ワイヤ・タッピング、音声分析機、ビデオテーブ・レコーダー等々。精巧な盗聴装置で秘密録音をとり、赤外線カメラで夜間撮影をし、コンピューターで指紋鑑別や手口解析を行うのは、現実に可能なことになった。さらに進めば、全国民に一連番号を与えて各種のデーターを収蔵することも、技術的には容易なものになろう。それとともに、オーウェルが、「1984年」でえがき、ハクスレイが「すばらしき新世界」で描写したような恐るべき時代が近づいてくるのである」松尾浩也「刑事司法と人権」同「刑事訴訟の原理」(東京大学出版会・1974年)134頁、144頁(6島田仁郎「科学捜査と人権ポリグラフ・麻酔分析・盗聴」「刑事訴訟法の争点」(有斐閣1979年)82頁、井上正仁「科学捜査の限界一盗聴を中心にして」法学教室114号(1990年)16頁、白取祐司「科学捜査と人権」「刑事訴訟法の争点〔新版]」(有斐閣・1991年)78頁など多数。
RAW Paste Data
We use cookies for various purposes including analytics. By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. OK, I Understand
 
Top