SHARE
TWEET

Untitled

a guest Jun 15th, 2019 54 Never
Not a member of Pastebin yet? Sign Up, it unlocks many cool features!
  1. 第40話では、「わけがわからない『好き』」を侑も求めていたのに、
  2. 燈子はそれを知っているなんて「ずるい」と侑はこぼす。
  3.  
  4. かつての侑にとって、「好き」、「誰かを特別に思う気持ち」は、どこかから降ってくるものだった。
  5. まるでそう、このコマで描かれている流れ星のように。
  6. だからこそ、侑にとっての「好き」は手の届かない「星」としてずっと表現されてきた。
  7.  
  8. でも、それは違った、と侑は話す。
  9. 「わたしの『好き』は」「自分で選んで手を伸ばすものだったよ」。
  10. そして侑は、何度も、何度も燈子を選んできたことを話す。
  11. 「先輩がたくさん好きって言ってくれたから、選べた」と。
RAW Paste Data
We use cookies for various purposes including analytics. By continuing to use Pastebin, you agree to our use of cookies as described in the Cookies Policy. OK, I Understand
 
Top